犬猫にコロナがうつるのか


皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか

昨今コロナウィルスが猛威を振るっております。

このウィルスで、被害を受けた方、現在大変な目に合っている方、心よりお見舞い申し上げます

また最前線で対応してらっしゃる各分野の方々、本当にご苦労様です。ご自愛のほどお祈り申し上げます。

さて、コロナウィルスについて情報が入り乱れております。注視していく必要はありますが、冷静に対応していくことが大事かと思います。

 

動物病院で最近コロナウィルスは犬猫に感染するのか、人が犬猫に感染させることがあるのかという質問をよくうけます。

2月のWASAVAの発表では、人と犬や猫でそういった事例がないことから否定的でした。

私もそのように説明しております。

 

しかしながら、先日香港でコロナの患者さんの飼い犬がコロナに感染したという報告があったことから、皆様混乱されていることでしょう。

「とにかくこれってあぶないの?」が知りたいところですが、結論から言うとこのことに関してまだ情報不足です。世界中の専門家がこれから調べにかかりますので近いうちに事実が判明すると思われます。

 

現在日本の偉い先生は、

  1. 犬の中でウィルスが増えて、誰かにうつしたと証明されてないこと
  2. 世界には犬がいっぱいいますが、報告された事例がこの一例だけであること

から、「危なくはなさそう」という風に伝えています

 

いずれにせよ、人がうつらないようにすれば動物も安全に暮らせます。

当たり前ですが、飼い主の感染防御の徹底が重要です。警戒するのは大切ですが、勢い余って動物を捨てたりする人が出ないようにお願い申し上げます。

 

また新しい情報がでたら報告したいと思います。

カテゴリー: お知らせ, 生活のこと, 病気のこと, 週刊やまぐち, 院長ブログ パーマリンク